アナログレコードどこで買う?

最近レコード鑑賞が楽しくて仕方がないjunです。

アナログレコードの良さ


愛用ターンテーブルはTechnics

昨今の音楽販売といえばデジタルダウンロードが主流でアナログレコード屋さんってだいぶ減ってきました。けれどアナログレコードには暖かみがあって聴いていて心地が良いんですよね。海外を中心に復活の兆しも見られています。物理的にレコード盤をターンテーブルに載せて、針を曲の頭に落として聴く…。手間がかかるけど、音楽をかけているんだって感じがします。

ジャケットが大きい


TELL – Faster Than Light

DJでかけるレコードは真っ白とか真っ黒のジャケットだったりする事も多いのですが、こうしてジャケットが綺麗な絵だったりすると見て楽しめます。12インチレコードの大きさは30cm x 30cm。ジャケットは31cm x 31cmくらいです。

さてどこで買う?

2017年から本格的に聴くようになり、店頭のレコード屋さんに足を運んだり、WEBサイトで買ってみたりしましたが、どちらにも良さがあります。店頭ではスタッフがセレクトしたオススメを聴くのが楽しいし、WEBでは試聴がすぐに出来てその場で買える良さがあります。

junorecords

今回はWEBでよく利用する junorecords を紹介したいと思います。ロンドンにあるオンラインレコードショップです。

品揃え

世界最大級の品揃えとうたっているだけあって、ジャンル別に豊富に揃っています。個人的にはディープハウスをよく聴くのですが、満足の品揃えです。

試聴のしやすさ


junoplayerという埋め込み型の試聴プレイヤー

波形の色が濃くなっている部分(2分前後)を聴く事が出来ます。グレーアウトしている部分もクリックすればそこへ頭出しして聴くことが出来るので実質全部聴けます。安定した音質なのも良い感じです。


楽曲の下のほうに表示されているPlayed By

この楽曲をオススメしているDJの名前が並んでいます。クリックするとその人のDJチャートに飛べます。自分と同じ感性を持ったDJだったりするとここから好きな曲がたくさん見つかったりしますよ。

購入のしやすさ

海外ショップではありますが、日本からの購入も問題なく行えます。購入の仕方はジュノレコード&ダウンロード日本語解説さんがわかりやすいです。

届け先の住所を記入する時に英語表記になるなので、日本の住所とは順番が逆になります。その点だけ注意ですね。


RoyalMailで注文したところ、ちょうど一週間で届きました!
(うちの猫様も早く聴きたくてうずうずしているご様子)

送料はポンドなのでその時の為替相場で変わりますが、RoyalMailの場合、3枚オーダーして1200円ちょいでした。

FedExのほうはだいぶ高くなるのですが、追跡可能で安心。しかも2日で来るとの事です。もはや日本で買うのとあまり変わらない早さです。こちらも機会があれば試してみたいです。

海外オンラインレコードショップは慣れればいい感じ!

junorecordsはなんといっても品揃えの豊富さ、試聴のしやすさが良いです。今まで日本のレコードショップで品切れになったりしたら諦めていたのですが、junorecordsみたいな大きなオンラインショップだと見つかったりするので、これからも積極的に使っていきたいですね。

それではよいレコードライフを!